120分間を守り抜く

「速さと品質ならどこにも負けない」
鉄道の電気ケーブル敷設を知り尽くした男はそう語る。
技術重視で培った他社を寄せ付けない現場力。
普通の会社が1日で120mなら
原口電設なら600mは延伸できる。

圧倒的な生産性。
根底にある考え方は「安全」と「時間」のシビアさだ。
原口電設が得意とする鉄道電気工事は旅客鉄道が
動いていない深夜に行う。
なんと実質の作業時間は120分しかない。

「高圧ケーブルの新設は下手すると
命に関わる危険な作業だ。
120分という限られた時間で、絶対に失敗せず、
できるだけ長く伸ばすことができるかどうかは、現場にかかっている。
徹底して準備せよ。完璧なルートを見つけよ。
そして、絶対に無理はするな。」

原口電設の仕事は社会基盤を整えるものの一つ。
多くは一般には知られないものであるし、
命の危険を伴うハードな仕事だ。
だからこそ自分の仕事に誇りを持つ。
進化させ続ける。
男たちの気概がそこにはある。

私たちが貢献できること Benefit


大規模な施設の工事を受注された場合、気になるのは現場のスケジュール感とコストです。
弊社は高圧ケーブルや特殊電設に特化したノウハウを持っており、圧倒的スピードと品質で施工いたします。
全員が技術者である弊社は、少ない人数で行うオペレーションを確立しており、コストもおさえられます。
また現場での事故は最も避けるべきことです。独自の安全基準を現場スタッフには徹底して伝えています。
御社の頼れるパートナーとして、コツコツ30年積み上げた安心の現場力と
新しい技術や仕事を常に学ぶ姿勢をこれからも続けてまいります。

お気軽にお問い合わせください

  • 鉄道の電気設備設計変更工事
  • 変電所〜駅間の高圧送電線工事
  • 駅間不感地帯対策
  • 駅間の光ケーブル

2020年度 会社説明会開催中

新卒・中途採用会社説明会への参加ご希望の方は
お気軽にお申し込みください。